• HOME
  • 第10回ヘルスツーリズム大賞決定

ヘルスツーリズム決定

第10回へルスツーリズム大賞・奨励賞決定!

団体部門:本年度は、大賞1団体、奨励賞1団体になります。

大賞豊富温泉(北海道)
ミライノトウジの取り組み
選考理由
豊富温泉は、温泉水に石油成分を含む世界でも珍しい泉質で、中でもタール成分は皮膚病に効能が高く、アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬患者から「奇跡の湯」と呼ばれていた。豊富町では、全国から湯治客が訪れる点に注目し、湯治客のために
①町営の入浴施設に湯治客専用の浴槽を設置
②湯治中のアドバイス・話し相手となるコンシェルジュデスクを設置
③健康相談員として保健師・看護師を常駐
④低価格の宿泊施設を開設
⑤アトピーにより通学に支障をきたしている小中高生のため、湯治療養をしながら通学をするアトピー留学制度を開始、さらに稚内北星学園大学も湯治のための移住者に学費を免除する制度を開始
⑥温泉利用型健康増進施設の認定取得(湯治客の交通費と施設利用料が医療費控除の対象となる)
など斬新な施策を次々に行った。
こういった施策が功を奏し、2016年度のミライノトウジの利用者は年間延べ6,310人、入浴を含めた観光客の全体数も2012年度を底に回復基調となった。また、ミライノトウジを開始した2009年度は1:9だった湯治客と一般観光客の割合が、現在では4:6にまで変化し、湯治客の長期滞在による経済効果、移住者の増加、町民と湯治客の交流が生れている点が評価された。
奨励賞島根おおだ健康ビューロー(島根県)
4地区におけるヘルスツーリズムの取り組み
選考理由
島根県大田市は世界遺産石見銀山遺跡、国立公園三瓶山、国の天然記念物琴ヶ浜海岸、温泉津温泉等豊かな地域資源に恵まれ、大田市は2016年から「日本一の健康保養都市」を目指し、産学官一体で事業に取り組んでいる。2014年から専門家の協力のもと健康効果を検証し、エビデンスに基づいたプログラムを開発。同年に「大田市クアオルト協議会」を設立し、その後ヘルツーリズムの本格ビジネス展開のために、2017年6月に「一般社団法人島根おおだ健康ビューロー」を設立した。4地区で行われている各ヘルスツーリズムプログラムの参加者は、2017年で1860名と年々増えており、韓国人向けインバウンド商品や、企業向け商品の開発と流通に取り組む点も評価された。

個人部門:本年度は大賞1作品となります。

大 賞松岡智恵子氏(長野県)「山形県山寺のご利益」
受賞作品はこちらです。
ヘルスツーリズム大賞・奨励賞について

ヘルスツーリズム大賞は、ヘルスツーリズムに取り組む個人、事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取り組みを表彰し、広く紹介するもので、全国のヘルスツーリズムに関連する活動の向上を図ることを目的としています。

選考の基準は以下の通りです
  • 1. 科学的根拠に基づくプログラムに妥当性があり、ヘルスツーリズムの振興に寄与しているか
  • 2. 老若男女を問わず誰もが安心して楽しめるプログラムであり、バリアフリーの配慮があるか
  • 3. 地域の特性を活かし、地域振興や活性化に貢献しているか
 

過去の受賞団体

第1回 (2008年) 財団法人和歌山健康センター 熊野古道健康ウォーキングの取り組み
第2回 (2009年) 加森観光株式会社  北海道 ルスツリゾートの取り組み
第3回 (2010年) 長野県飯山森林セラピー協議会  飯山市森林セラピーの取り組み
第4回 (2011年) 【大賞】上山市温泉クアオルト協議会 上山市温泉クアオルトの取組み
【奨励賞】天草プリンスホテル ヘルスツーリズム・プランの取組み 
第5回(2012年度) 【奨励賞】久米島町観光協会・食物アレルギー対応委員会
【奨励賞】竹田市ツーリズム協会・温泉療養保健システムの取り組み
第6回(2013年度) 【大賞】天草市ヘルスツーリズム推進連絡協議会・ 天草ヘルスツーリズムの取り組み
【奨励賞】岳温泉観光協会・岳温泉健康保養地の取り組み
第7回(2014年度) 【奨励賞】伊豆かかりつけ湯協議会・伊豆かかりつけ湯の取り組み
第8回(2015年度) 【大賞】大分県竹田市・温泉療養保健システムの取り組み
【奨励賞】スバリゾート ハワイアンズ・エデユテインメントスパ(学び湯治)の取り組み
第9回(2016年度) 【大賞】なし
【奨励賞】雲仙 富貴屋
朝のヘルスツーリズム・昼のヘルスツーリズムの取り組み

受賞団体は、へルスツーリズム推進地として、現地の最新情報を当NPOから発信をします。
4月以降、当NPO主催セミナーにて取組みの詳細をご紹介する予定です。

過去の個人部門受賞作品

2012年度 【大賞】城川佳子氏(東京都)「日本のふるさと・飯山で出会った“森歩き”の楽しみ
2013年度 【大賞】宮崎ひとみ氏(埼玉県)「沖縄アレルギー対応旅行」
【特別賞】小津和枝氏(福島県)「山は私のお医者様」
2014年度 【大賞】梅津康治氏(山形県)「健康の喜び〜四万温泉への金婚旅行〜」
【特別賞】村田悠氏(神奈川県)「僕にとっての宝物〜八重山諸島での思い出〜」
2015年度 【大賞】大嶽敦子氏(神奈川県)「熊野古道を歩く〜作り笑いなんか忘れて〜」
2016年度 【大賞】田中あおい氏(岡山県)「ワイナピチュを目指して」
【特別賞】大西賢氏(東京都) 「サイクリング」

会員を募集しています

ヘルスツーリズムとは

ヘルスツーリズム情報